manmaru ~手から生まれる物たち~ manmaru7.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々の暮らしとハンドメイド


by まんまる
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅( 9 )


北陸への旅


2月15日~17日まで、北陸の旅を楽しんで来ました。
北陸へ引っ越したHちゃんに会い、冬の北陸を満喫する旅です。
「どうせなら雪が降った方がいい。」というHちゃんの思惑通り
天気予報は三日間ピッタリ雪マーク。
実は温暖な所に育ち住んでいる私にとって、雪はちょっと不安。
けど、事前に防寒対策、足元も直前に防水ブーツを購入し、覚悟は決まった(笑)

一日目、福井の永平寺。
高校の日本史で、宗派や開祖を習った時から
何故か「曹洞宗 道元 永平寺」だけ、ずっと刻まれたまま今まできて
いつかは行ってみたいと思っていたお寺でした。

d0055013_152936.jpg




d0055013_161727.jpg


厳粛であって質素な永平寺は、修行の道場であり
冷たい空気の中、素足に雪駄の若い修行僧にその厳しさを感じるものでした。


次の日は金沢市内観光。
前の日の夕方から激しく降り始めた雪。
そして一面の雪景色(奥にかすかに見えるのは金沢城の石垣)
d0055013_1415512.jpg


21世紀美術館
d0055013_1464867.jpg

そして雪の兼六園へ。

せっかく咲いた梅が寒そう…
d0055013_1525472.jpg

けれど、雪だからこそ見ごたえのある、冬の風物詩、雪吊りの姿。
d0055013_22242.jpg


ひがし茶屋街
d0055013_2114968.jpg

今でも営まれてるお茶屋さんも数件あり、
金沢の伝統工芸品を扱うお店も多く、なかなか手が出ないものの
金沢や石川の文化や今に繋がるセンスが素敵すぎて、もっと見たい知りたいと思う町歩きでした。
一気に金沢、大好きになりました^^

そして次の日は白川郷へ。
d0055013_2354425.jpg

前の日にも増して雪は降り、すっぽりと雪に埋まる白川郷。
願ってもない雪景色をまた見る事が出来ました。
Hちゃんと、お揃いのポンチョのカッパを前日買い、まるでテルテル坊主のおばさん二人組(笑)

展望台からの合掌造りの集落は、まるで日本昔話のよう。
d0055013_2425269.jpg

一瞬、青空が見えたかと思えば、また吹雪いてきたり。
d0055013_2464676.jpg


三日間過ごすうちには雪にも慣れ、最初は恐る恐るだった雪道もしゃかしゃかと?歩けるように。
北陸の旅は、美味しい食べ物、金沢の文化、冬らしい冬、北陸の曇天。
そして久しぶりに会えたHちゃんと過ごす旅は、
Hちゃんの気を遣わせない気遣いのおもてなしで、心に刻む旅となりました。
[PR]
by manmaru27 | 2016-03-05 09:07 | | Comments(4)

北海道へ


松山旅行から帰ってすぐの6月24日~27日で夫と北海道旅行へ行って来ました。
本当に最近、旅づいてるやら遊びすぎやら…。
「登別温泉・富良野と道南ベストルート」盛りだくさんのツアーへ。


《ノーザンホースパーク》
「人と馬と自然」をテーマにしている馬の牧場へ。
いきなり、ザ!北海道!
この可愛い赤い馬車に乗りました^^
あ、探してもこの写真には私はいません(笑)
d0055013_22365723.jpg



《登別温泉の地獄谷》
噴気孔から吹き出す硫黄の白い煙。
一日目は登別温泉泊。
温泉があまり好きでない私たちだけど、「登別に行って温泉に入らなかったの?」と
言われそうで、頑張って入りました(笑)
お肌しっとり硫黄の湯。
d0055013_22372111.jpg



《富良野・富田ファーム》
ラベンダーは時期的に少し早かったのだけど
ラッキーな事に早咲きのラベンダーを見る事が出来ました。
この写真はかなり気に入ってます。
d0055013_22309100.jpg



《美瑛》
丘のまち美瑛を車窓から。
広大なパッチワークのような彩の畑、まっすぐな道、木立ち。
この美瑛の広大な景色は旅の中では一番印象に残ってる。
この木は「親子の木」といわれてるそう。
「ケンとメリーの木」も今でも観光スポットになっていた。年がバレるほど懐かしい^^;
今は嵐が出たCMで使った5本並ぶ木が「嵐の木」と呼ばれてるらしい。
d0055013_22384951.jpg



《旭山動物園》
白くまの「もぐもぐタイム」に並んで最前列へ。
迫力の泳ぎの白くまくん。
d0055013_22393234.jpg



《羊蹄山》
北海道の富士山と言われる羊蹄山。
d0055013_22431432.jpg



《洞爺湖》
映画「しあわせのパン」を観た時に、この素晴らしい景色は一体どこなんだろうと、とても気になっていた。
洞爺湖だったんだ!
d0055013_22453632.jpg




《昭和新山》
中学の時、授業で習って何故かページのどこに写真があったかという事さえ覚えてる。
もっと他の事覚えててもよかろうに(笑)
今も噴気している。
d0055013_2256547.jpg




《湯の川温泉》
ホテルの部屋食中に、窓に海鳥が!
まるで置物みたいに、フラッシュをたいてもじっとして。
仲居さんによると、お客さんが餌付けして、何かもらえるのを待ってるとか(笑)
d0055013_22483587.jpg




《函館山からの夜景》
大混雑の函館山の山頂からの夜景。
真ん中辺りに霧がかかって残念!
北海道出身のバスガイドさんが、どこの夜景を見ても「勝った!と思った」と言われるだけはあった。
d0055013_033459.jpg




《函館元町散策》
異国情緒あふれる町から港を見下ろす。
ペリーも眺めた景色かな。
d0055013_0606.jpg




《小樽運河》
道を挟んで北一硝子等、硝子製品関連のお店がたくさん並ぶ。
チーズケーキでも有名な「ルタオ」の店舗も3店舗くらいあったかな。
ルタオのソフトクリーム食べました^^ どこへ行ってもソフトクリーム食べる二人。
d0055013_0121387.jpg




《函館赤レンガ倉庫》
d0055013_0133559.jpg




《函館五稜郭》
五稜郭タワーから。きれいな星の形。
幕末、新撰組、土方歳三(男前)。
d0055013_0142443.jpg




北海道から帰ってから実は体調を崩していました(+_+)
疲れと食べ過ぎ?(苦笑)
d0055013_2573184.jpg

連日海鮮物をはじめとして、ジンギスカンそしてソフトクリーム(笑)
お腹が空く暇もなくしっかり食べて。
そして、お腹もびっくりして、数日熱が出たのでした^^;

なので、北海道旅行の思い出として「行って良かった」と最近かみしめてる訳で。
それが夫への感謝だったりしています。
夫の提案の北海道旅行。
行く前には北海道や自然に興味がないとか、北海道行くならシンガポールに行けるとか
可愛げのない事言っておいて(罰当たり)
実際、その大自然に感動して帰った私です。
やっぱり行って良かった北海道。
[PR]
by manmaru27 | 2014-07-21 08:05 | | Comments(8)

6月19日、20日で松山へ行って来ました。
旅づいてる私です。

旅の目的は大好きなSuperflyファンクラブ限定ライブに参戦するため。
もちろんおばさん一人で。
そして結婚して松山に住んでる高校時代の友人に会うため。

松山は何十年振りだろう?
友人とも10年以上会ってない。
高3で同じクラスになってからの友達だけど
どう考えてもタイプの違う二人が、どうやって友達になったのだろうと思う。
見た目真面目に見えるけど不真面目な私。
見た目不良っぽくて、でも根は真面目な彼女。
どこかで引き合ったのだろうな。

その頃の私
美術が大嫌いで何度も授業をサボって学校の裏山から逃げて帰ったり。
そうかと思えば受験のための夏休みの補習がつまらなすぎて
「役に立たない授業をしないでほしい」と先生の自宅に手紙を出してみたり。
友人が覚えてる私の強烈なエピソードは
私が教室の後ろの席で何をしてるのかと見ると
保健室でもらった(大好きな)正露丸の匂いを嗅いでた事(笑)

お互いダラけすぎたのを取り返そうと慌てて受験勉強して
それぞれの進路に進み、結婚して更に離れて。
あ、そうそう。卒業してわかった同じ人を好きだったって事^^
d0055013_471017.jpg


d0055013_472182.jpg

松山はのんびりとして、観光するにも買い物するにも
こぢんまりとまとまって、便利で暮らしやすそうな町。
長年住んでるのに道後温泉に入ったことがないという友人(笑)

d0055013_5676.gif

今回のSuperflyのライブはファンクラブ限定だけに熱さが違う!
そしてみんながファンだという一体感と、Superfly志帆ちゃんの地元のあったかさ。
1人参加が多いので、ライブが始まるまでは大人しいのに
みんな始まったら、弾けまくる事!
志帆ちゃん、髪を切ってから遠ざかってたヒッピー風ファッションも
しっかり伸びたセンターパーツのヘアスタイルに、今回の衣装はその頃を彷彿として良かった。
ガンガン汗かいて、ガツンとくるロックな時間を体力消耗するまで楽しんだぜ!
d0055013_563713.gif




ライブ後は友人が手料理を作って待っててくれた。
見習いたくなるくらい料理上手。
ビール飲んで、お酒飲んで、いい気分でしゃべりまくって…
布団並べて修学旅行みたいに高校時代のアルバム見ながら
嫌いだった子に毒吐きながら就寝。


上機嫌な2日間を過ごして…船に乗り込んで瀬戸内海を見ながら少し泣きそうになった。
d0055013_451437.jpg

帰ってから「学生時代に選んだ友達は間違いないね」とメールが来た。
うん、間違いない!




Superfly 「愛と感謝」


[PR]
by manmaru27 | 2014-06-22 09:06 | | Comments(2)

京都手づくり市へ


d0055013_1653290.jpg





5月15日、先週の木曜に京都知恩寺の手作り市に行って来ました。
「うかれポンチの会」弾丸日帰りバスツアーです。
知恩寺の手作り市は毎月15日に開催され、原則手作りの品しか販売出来ないフリーマーケット。
布物、陶器、ガラス等、作家さんのユニークな作品が境内に所狭しと出店されてます。
出店者が作り手なので、思い入れを語る気持ちがよくわかる^^










まずは、たくさんあるブースの中で向かったのはマルティナさんのお店
この冬、夢中になって編んだ腹巻帽子を考案された方。
手作り市の中でも一番の人気のようで、並ばないと見えないし買えない^^;
d0055013_1614663.jpg
暗くてちっちゃくて、見えないし^^;
実際、とっても小柄な方。

友人に「靴下を買って来て!」と頼まれてたので、まずは靴下を探すと残り一足!
午前中に結構売れてしまったらしい。
d0055013_16192532.jpg



可愛い!
今度は絶対、靴下編みに挑戦するつもり^^

マルティナさんとお話をしたくて、毛糸について質問してみる。
高くて可愛い声で答えて下さいました。
側にいた、ひなちゃん「知ってるのに質問したな~。」と鋭い突っ込み(笑)
バレてましたか^m^












買ったのはこれだけ?って思うくらい、細々とした物ばかり^^;
見て回るのをすっかり堪能してたので。
ガラスの作品はスプーン置き。

あれっ?トルコの魔除けって手作りじゃない…よね?(笑)
ま、いっか^m^
d0055013_16502210.jpg



この日は京都三大祭の葵祭の日。
私たちの目的は、あくまでも手作り市。
でも、添乗員さんの「下鴨神社まで15分で行けますよ。」という言葉を真に受けて
手作り市をひと通り回ったところで、地図とスマホを頼りに下鴨神社へ。
この頃、雨も本降りに。(晴れ女はどこへやら)
……結局、辿りつけなかった(+_+)
バスの発車時間までに戻る自信もなくなり、引き返した私たち。
いいもん!目的は手作り市だもん!
たまたま葵祭だっただけ(苦笑)
[PR]
by manmaru27 | 2014-05-20 17:09 | | Comments(6)

直島へ


9月の旅は、まだあります。
真夏のような日差しの強い9月の終わりに娘夫婦と
直島(香川県)に行って来ました。
d0055013_374963.jpg


現代アートと、瀬戸内海の風景や島の生活が
一体化した不思議な感覚。
島中がレトロなのにアートと溶け合って
「ねらい」と暮らしを楽しめるのも新鮮でした。

タイルがなんとも可愛い直島銭湯「I♥湯」
d0055013_2482370.jpg


ランチは、ゆるさが自慢の?「カフェ コンニチハ」
古民家を改造じゃなく、古民家そのもの。
チーズリゾットは、かなり好み♪
d0055013_3215696.jpg



d0055013_338497.jpg


地中美術館でのモネも圧巻だし、身体中の感覚を刺激される作品ばかり。
古い家屋をアーティストが作品にしてる「家プロジェクト」も
自分の範疇を突き抜ける作品ばかりで面白かった。












島をゆっくり三人で巡ってると、夕暮れの草間 彌生さんの黄色いかぼちゃも
色を変えてゆきます。
d0055013_3454556.jpg

平日で人も少なかったので、しばらくこのかぼちゃに遊んでもらいました^^
かぼちゃと仲良のいい娘たちと瀬戸の夕暮れに癒される私なのでした。




気がつけば10月。
まだ扇風機出てます(笑)
年賀状の注文を頼まれ、もう?!と驚いたけど
カレンダーをもう2回めくると年が変わるんですね…。
[PR]
by manmaru27 | 2013-10-14 09:07 | | Comments(8)

東京街歩き


今月は旅の月です。
こんな事ってめったにない事。

前後しますが、東京に遊びに行って来ました。(9/5~9/7)
福岡に行ったのが11日。 短期間で東へ西へ。
お盆に帰省した時、従妹に旅行を誘われ急きょ決定した二人旅。
天候不良が続いてた頃に関わらず、W晴れ女で見事滞在した三日間だけ晴れ058.gif

あちこち街歩き。
d0055013_3533778.jpg

あ、スカイツリーに上りました^^
目的はソラマチだったけど、拍子抜けするくらい並ぶことなく上れたので。
あと、お台場、渋谷、原宿…街好きなので^^;


今回は安くて美味しい物にも出会えたのがラッキー♪
d0055013_411939.jpg


予め娘から教えてもらってたミート矢澤のレアなハンバーグは美味しかった。
ミニサラダ、ライス、味噌汁付きで1000円。安い!

外観の古民家風の雰囲気だけで偶然入った居酒屋「まんまや」も、
頼んだお料理どれも美味しくて「東京やるじゃん!」と二人で上から目線。
後で聞くところによると、古民家風どころか建物は赤穂浪士にゆかりのある屋敷の一部で
東京都の指定文化財になってるらしい。

それから何と言っても、初もんじゃ焼き!
月島のもんじゃ焼きの老舗近どうへ。
何しろ粉物鉄板系と言えば「お好み焼き」で育ったので
ビジュアル的にも、もんじゃ焼きはずっと敬遠してた…けど、意外と美味しい!
てか東京やるじゃん!(笑)



お土産に
d0055013_19265231.jpg






「倍返し饅頭」並んでゲット^^;
毎週、奥歯ギリギリ、正義感メラメラ。
そして迎えた最終回…脱力…続編切望!!

あまちゃんも終わってしまった(T_T)
















d0055013_19392833.gif


従妹が東京で買ったタオルハンカチで巾着袋を作ってほしいという事で試行錯誤しながら制作。
d0055013_1944733.jpg

従妹らしい柄のチョイス。前後で柄が違います。
携帯や時計を入れるポケットを付けて。
スポーツする時、手持ちの物を入れる用らしい。




楽しい旅の思い出を重ねる9月。
[PR]
by manmaru27 | 2013-09-28 04:30 | | Comments(4)

道中爆睡 ふたり旅


足立美術館へと旅をした、ちょうど一週間後
またまたバス旅行へ(^^ゞ

当たる時は続いて当たるもので
しかも日程も殆どかぶってるし。
行先は「丹波篠山と神戸南京町」
神戸の怪しい宝石店とタッグを組んでます(・・;)


今回は娘とふたり旅。
一番遠慮のない関係なので楽ちん。
で、娘の「乗り物に乗るとすぐに寝てしまう病」が
私にも感染したようで、乗れば寝る乗れば寝るの繰り返し(笑)

丹波篠山と言えば、すぐに頭に浮かぶのが黒豆。
残念ながらそれ以外の知識はありませんでした^^;
少し調べてみると、歴史ある城下町なのですね。
どこかゆる~くて、懐かしい気持ちになれる目抜き通り。
町並みは昭和レトロなお店の宝庫。
d0055013_0215698.jpg
もうお店は閉めてしまっているのか、
子供の頃を思い出させるような店構え。
タイルにガラス(覆ってあるけど)の陳列台が懐かしい。






d0055013_0242145.jpg



篠山城址を登りかける途中は、
どこかヨーロッパの城のよう。
「ヨーロッパのポーズ」だと
ポーズを取る娘(笑)

どこが?!










d0055013_0325315.jpg



お土産はやっぱり
黒豆づくしでしょう^^













d0055013_0424625.jpg



神戸南京町で、フカヒレラーメンを食べる(^u^)
(滞在時間1時間なのに)

このお店で娘、買ったお土産を置き忘れ
青ざめながら引き返す。
無事戻る…。






お洒落な神戸の街を、帰りのバスの窓から見ながら
神戸でもショッピングしたかった~と贅沢な事を思う二人でした。
宝石店に行く時間があったら…
[PR]
by manmaru27 | 2011-05-23 01:03 | | Comments(4)

一期一会 ひとり旅


先週鳥取方面へ、一人日帰りバス旅行をして来ました。
実は娘が私の名前で応募して当選した招待旅行です^^;
怪しい宝石屋さんに立ち寄るアレ(;一_一)

以前から行きたかった足立美術館へ。
d0055013_053282.jpg


手入れの行き届いた素晴らしい日本庭園。
京都のお寺のわびさびとはまた趣の違う、くっきりはっきりした印象。
外国人の選ぶ日本の庭園1位というのが、わかる気がする。
ガラス越しなのが少し残念。
横山大観の作品が多く収蔵されていて、やっぱり富士山の画は圧巻だ。

なにしろ、時間が足りない^^;
もっとゆっくり館内を廻りたかったけど、最後は殆ど駆け足。



d0055013_123130.jpg





途中で寄った、鮮魚や海産加工品のお土産屋さんの鬼太郎とねずみ男。
鬼太郎は7.7m。
ねずみ男は大人の男性くらい。
鳥取は水木しげるさんの故郷ですからね^^









今回の旅で少し心配だったのが、バスの隣の席に座る人の事。

…いい人でした…。

少し年上くらいの上品な方で、最初はお互い様子を見ながら。
しばらく時間が経つうちに、どんどん深い話しに。
お互いの環境的な事ではなく、精神世界的な。
私は彼女の考え方からパワーをもらい
彼女は「今までこんな深い話をした人がいない。」と、嬉しい事を。
不思議なパワーを交換出来るようなそんな方でした。

お互いに連絡先も聞かず、夜の駅で別れました。

でもまたどこかで必ず会えそうな気がします。
[PR]
by manmaru27 | 2011-05-17 00:48 | | Comments(8)

女三代 東京への旅


先週末、私と娘と母、女三代で東京へ行って来ました。
お上りさん御一行、珍道中です。


あるサプライズな夢のような事が舞い降りたと言いましょうか
思わぬ東京行きとなりました。

母にとって初めての東京。
あちこちを見せてあげたいけど、何しろ高齢なので
観光は母がどれだけ歩けるか次第。

まずは浅草へと向かう時
突然目の前に現れたのが、スカイツリー。
d0055013_156185.jpg

最初は全く視界に入らず、娘に言われて頭を上げ
「うぉお~!」と驚く私(笑)
今まで、大きな物を見逃すという私の特性を知ってる娘が
促してくれて気がつく始末。
例えば見逃した物→大阪心斎橋のグリコ、USJの大きな地球等・・・


そして浅草。
d0055013_204324.jpg

着いて、まずは腹ごしらえで、お蕎麦のお店に入る。
東京のおつゆは、濃いなぁ。
仲見世を人をかき分け進み、浅草寺でお参りをしました。


その後、今回の一番の目的場所の東銀座へ。
内容はお伝えできませんが
とてもクリエイティブな方達にお会いして
きっと二度とないだろうという経験を三人でして来ました。

さぁて、と少し歩いたらもうそこは銀座4丁目。
銀座三越に入り、ショッピングをしたり
暮れてゆく銀座の街を三人で歩く。
d0055013_2303087.jpg

交差点の、銀座和光(旧服部時計店)のイルミネーションがとても綺麗!
ちょうど7時、窓の光の色が変化する様を
たくさんの道行く人達が立ち止まって見ていました。


宿泊するホテルでも、立派な広い日本庭園が可愛くライトアップされてました。
d0055013_2554110.jpg



翌日、皇居へ。
d0055013_2595679.jpg

「ここが二重橋だよ、お母さん。」(古すぎ~!)


母に合わせて行動しているので、
娘にとっては少し東京らしい所にも行きたいということで原宿へ。
母にとっては充分、東京らしい所に行ってるけど^^;(はとバス的な)

母には少しファミレスで休憩してもらい
その間、表参道を私と娘で、駆け足であちこち回る。

表参道ヒルズのツリーは、クリスタルなスワロフスキーの輝きが
とにかくお洒落!
ミラーボールで、空間そのものがキラキラして素敵でした☆
d0055013_37161.jpg



女三代の東京旅行は最後、
新幹線が人身事故で一時間以上も遅れるという
滅多にない事に巻き込まれ
母は持っていたバッグを、うっかり置き忘れて真っ青になる
ハプニングもあり(結局見つかる)
ドタバタで東京を後にしました。


しかし、母はよく歩き、翌日様子見で電話しても
「元気よ~。」って^^;

母と娘と三人の旅。
大きな思い出の旅になりました。
[PR]
by manmaru27 | 2010-12-15 14:09 | | Comments(6)